新垣ブルペン60球 病後初「思った以上の出来」
2009年4月11日 10:08
 

 上々の手応えに笑みが浮かんだ。発熱で戦線離脱し、2軍調整中の
新垣渚投手(28)が10日、雁の巣球場で病後初のブルペンに入り
60球を投げ込んだ。心地よくミットを響かせた伸びのある直球に加
え、カーブ、スライダー、フォークも切れた。「体のバランスがよかっ
た。思った以上の出来です」。振り返る声は弾んでいた。

 “テスト登板”に合格だ。39度の高熱が出たため、4日のオリッ
クス戦の登板を回避。その後、体調の回復に専念していた。「あれだ
け投げられれば大丈夫」。斉藤2軍投手コーチは太鼓判を押した。
予定通り12日の社会人・熊本ゴールデンラークスとの練習試合(雁
の巣)で先発させることを明言。イニングについては「5回以上投
げさせたいが、そこは当日の状態をみたい」と語った。

 12日の内容次第では、当初検討されていた2軍戦での調整登板抜
きでの1軍昇格の可能性もある。首脳陣の期待は先発完投できる万全
な状態での先発ローテ入り。新垣は「望んでいるようにできるように
したいですね」と自信を漂わせた。
=2009/04/11付 西日本スポーツ=

 

2009/04/11
新垣投手、ブルペン再開で好感触

2軍調整中の新垣渚投手が10日、雁の巣球場でブルペン投球を再開し
た。12日の2軍練習試合(対熊本ゴールデンラークス)先発に向け、
約60球を投げ込んだ。1日に発熱を訴え、3日に登録抹消。病み上が
りで体力面が心配されるが「久々に投げた割には良かった。思った
以上」と好感触。1軍復帰時期は12日の投球内容と、今日11日の
日本ハム戦に先発する高橋秀聡投手の結果などから決定される見通
し。

 

阿渚病後首次在10號進牛棚投了60球,除了速球,還投了曲球、滑球、指叉。

本人說狀況比想像的還好。齊藤二軍投手教練也說沒問題。

接下來就看12號對業餘的熊本Golden Larks先發投得如何,有可能跳過二軍登板直接上一軍。

教練團希望是以能夠完投的最好狀態回到一軍

(畢竟最近幾場看起來,四五六號先發都很弱,再加上和田的一發病……)

 

流水 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()