超簡短心得:

§我沒看過小說所以不知道原作怎麼描寫,但是動畫表現集會人數眾多的部份已經有讓我起鳥肌了,基本上已經有傳達出那種不可思議的感覺了。

§我愛的新羅夫婦部份,賽爾堤大姊你就接受新羅的求婚嘛!沒有頭又不會死w

 

記錄一下最後面賽爾堤的獨白。

 

ああ、私には首がない。私は化け物だ。

多くを語る口も、相手に情熱を伝える瞳も持たない。

だがそれがどうした?それがどうしたというのだ!

私はここにいる。確かにここに存在する。

目がないというのなら、我が行状のすべてを刮目して見るがいい!

化け物の怒りに触れた者の叫びを存分に耳にするといい!

 

沒錯,我沒有頭。我是個怪物。

我沒有能夠言語的嘴,也沒有能將熱情傳達給對方的眼睛。

但這又怎麼了,這樣又怎麼了!

我就在這裡。我確實存在於此。

既然不能用眼神傳遞,那就好好看著我的一舉一動!

盡情傾聽觸犯怪物者的尖叫吧!

 

私はここだ。ここにいるのだ。ここにいるのだ!

私は常に叫んで、叫んでいるぞ!

私は今ここに生まれた!私

の存在をこの町に刻み付けるために!

 

我在這裡,就在這裡。就在這裡啊!

我總是在吶喊,一直在吶喊啊!

此時此刻我誕生於此!

為了將我的存在銘刻在這座城市!

 

賽爾堤大姊好帥啊

創作者介紹

流水的流水帳

流水 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()